ヘルスケアNews

薄げや抜け毛に関するサイト紹介
自毛植毛などの薄毛治療について。また気になる耳鳴りの病気について。耳鳴りは体に異常のない健康な人にも起こりえます。自然現象とも言えます。しかし、病気が原因の場合もありますので、放っておかず病院に行きましょう。

民間の医療保険

科学や医療が発達し、病気の治癒率も高くなりました。しかし、その一方で健康保険ではまかなえない医療費がかかることも多くあります。入院することにより休職すれば、収入も減ってしまいます。医療保障で病気やケガに備えましょう。

長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費を負担する。 強制加入の公的医療保険と、任意加入の民間医療保険があります。

公的医療保険 は国民皆保険とよばれます。
アメリカやヨーロッパの多くでも公的な医療保険制度がありますが、対象者の範囲や財源方式については国により異なります。
アメリカでは、高齢者を対象としたメディケアや低所得者を主に対象としたメディケイドなどの公的医療保障制度があります。イギリスでは税を財源とした国民保健サービス(NHS)と呼ばれる公的医療保障制度を国が運営しており、保険の仕組みを使っていません。

これに対して、民間の医療保険は、任意です。
日本では公的保障の補助的役割を果たしています。
悪性疾患と診断された場合、「お見舞い金」という名目のものもあります。傷害の程度、手術の種類、通院や入院の日数などに応じて、定められた給付額が支払われます。保険料は所得税計算上の控除額(生命保険料控除)に計上できます。

[関連サイト]
医療保険選びなら さまざまな医療保険に関する疑問や知りたいことなど、どの医療保険にしようかしら?と迷っている方にも、「なるほどぉ!」とうなずける情報を満載。あまり知られていない医療保険のあれこれをお楽しみください。 契約したら受けられるお得なサービス 医療保険に加入することで受けられる、24時間・365日いつでも相談ができるメディカルサービスや、家族にうれしいレジャー施設やショッピングなどの割引・優待サービスなどについて解説してあります。

新しい保険

「第三分野保険」と分類され、米国への配慮から、外資系保険会社の独占が維持されていました。
国内の保険会社は、生命保険などに付随する特約という形でのみ販売が可能でした。そのため、1974年ごろは、アメリカンファミリー生命保険が独占していました。
2001年、第三分野の自由化が認められ、日本国内の生命保険会社・損害保険会社の本格参入が初めて可能となりました。2006年、多くの保険会社で、医療保険を中心とした第三分野保険における保険金の不当不払いが大量に行われていたことが明るみに出ました。